学校保健室の看護師派遣求人

大阪は、都道府県の中でも東京についで学校や各種教育関連の施設が集積したエリアとなっています。大学数も平成22年現在、東京138校についで、大阪55校と2位の多さを誇ります。4位が兵庫、京都が7位と関西圏の大学数は首都圏と並んで充実しているといえますね。国立大の大阪大学、大阪教育大学は全国から入学希望者が殺到する超難関校となっています。専門学校や関連施設も多くあります。

 

大阪では学校数の多さに比例して、学校で働く派遣看護師への求人も多く、また人気のある求人となっています。学校で働く医療従事者としては養護教諭もいますが、大学のように大きな施設では、看護に対しての専門的な知識を持った存在として看護師も必要とされています。

 

派遣看護師の勤務形態としては、学校の登校時間に準じるので日勤のみの勤務が多く、休みも日曜祝日、夏休みや春休みなどの長期休みもあり、自由度の高さが魅力となっています。私立では大学によって差がありますが、全般的に報酬も企業の看護師や病院看護師より高めのケースが多いようです。

 

学校での派遣看護師の仕事は校内でのケガや病気の応急処置がメインで、比較的簡単な対応ですむケースが多いです。多くは運動系の部活等でのケガで、必要に応じて病院への護送などを行います。ただし伝染病対策もありますし、小・中学校などでは保健室登校などメンタルケアへの対応も増加しています。先生として子供たちと上手にコミュニケーションが取れ、また学校教育に関心のある人材が求人として求められています。