健診センターの看護師派遣求人

大阪は企業数も首都圏についで多いので、健康診断だけでも非常に多くの数にのぼります。2008年4月から始まった特定健診制度で、40歳から74歳までの中高年保険加入者へのメタボ健診が義務化され、企業も社員のメタボ管理を徹底する必要があるため、健診センターの仕事も従来以上に多忙となっています。大阪でも健診センターへの看護師派遣が増え、求人も活発となっています。

 

大阪では健診車を使って行う巡回健診も活発です。健康イベント時に多いのですが、最近はスーパー等主婦が行きやすい場所で乳がん検診を行う、といったケースも増えています。

 

健診センターでは、看護師が数名の受診者を担当し、1人でほとんどの作業をこなす必要があるので、ある程度の経験が求められます。内容的には手順が決められており、それに従って進めていけるので、それほど難易度の高い業務はありません。健診の結果は後日になるので、病院の診断時のような深刻なケースもありません。ただし採血業務は必須となっています。また電子カルテを活用するケースがほとんどなので、その対応も必要です。

 

看護師の中には採血が苦手という方、またPC作業が苦手も多いようですが、どちらもいまや基本スキルですし、採血経験が豊富だと求人面でも有利です。企業健診は報酬も高めなので、ぜひクリアしておきたいですね。健診センターの経験があると、競争率が高めの人間ドック専門などの高級クリニックの求人でも強みとなるようです。